近年、多くの若者が家出願望を持っているようですが、どうしてそのように家出を望むのでしょう。

誰だって一度くらいは家出をしたいという気持ちになったことはあると思いますが、結局は自由を求めている若者が急増しているのではないでしょうか。社会の大人たちと比較して、彼らは自分が非常に自由だと思い込んでいますが、冷静に大人の視線で彼らを見たときに、身勝手な自由を求めることが彼らにとって明るい未来を招くとは思いがたいわけです。

クチコミを参考にしてきましたが、家での理由として圧倒的多数だったのが親との不和、そして自分の人生に干渉されたくないという意見を持った若者が多かったわけです。

親子の関係に問題がある場合、考えられる原因としては、まず親側のコミュニケーション能力の欠如があると思います。また逆に、子供が親とのコミュニケーションを拒否するという状況も考えられます。

テレビの報道番組などで親との間にある軋轢が原因で、事件にまで発展するケースもときどき目にしますが、そのようなことが原因で家出をしても大丈夫なのかと思います。

子供たちが親にい分の考えを伝えられないということにも問題があるでしょう。一つ屋根の下に暮らしているのに、思いや気持ちが通わないというのは残念な問題です。お互いがストレスなく共同生活できるように、大人側が少し考えてみてもいいかもしれません。

家出女子の実態

現代社会では、捜索願が出されているだけでも、年間に10万人の家出人がいると言われています。そのうちの23%が未成年者だと報告されていますから、計算すると約1万人の少女が家出をしていることになります。

このほか捜索願が出されていないケースを含めると、その数はもっと増えることになります。このような家出の傾向は現代の若者に顕著な傾向だと思われがちですが、実は昔から家出する未成年者の数は変化していないのが実態なのです。

一昔前は、駅の人ごみの中に行き場をなくした少女が一人座り込んでいたものです。そして、それを不憫に思った男性が少女を連れて帰るとうこともしばしばありました。

その場合、男性が善良な市民であれば、少女に性的行為を要求することもなく、食事と寝床を提供し、数日間保護したあと説得して家に返すというのがお約束のパターンでした。基本的に、普通の男性ならセックスを要求します。

さらに、男性が悪い人なら、少女は裏社会で生きていかなければいけなくなります。つまり、非合法なホステスをさせられたり、風俗店に売り飛ばされることになるのです。

この状況は、今でも変わっていないでしょう。しかし、最近はインターネットカフェなどがありますから、駅の構内で路頭に迷うこともないでしょうし、見知らぬ男性に声を掛けられることもないと思います。

ただ、今はインターネット社会がかつての駅と同じ役割を担っています。古今東西、変化しないのは、家出少女が無一文だということです。

未成年者であることから働くことができませんし、身元保証ができないのでバイトも簡単にできないわけです。そうなると、経済的に他人に依存しない限り生きていくことすらできないのです。

お金をただでくれる人がいるわけではないですから、当然自分の身体を得るしかないということになります。援助交際だけが現金収入を得る方法となるのです。

かつては街頭で相手を探していましたが、現在ではネットで相手を見つけることができます。掲示板や家出サイト・神待ちサイトを利用して、相手を探すのです。

相手が見つかれば、すぐに会ってホテルでセックスをして現金を手にします。インターネットを媒介とした出会いですから、怖い組織に絡むこともなく、安全に個人営業ができるわけです。